入試問題傾向

高校入試問題出題方針

  • 英・国・数・面接
  • 教科ごとの合格基準点の設定はございません。また、補欠合格制度はありません。

英語 (100点満点・時間50分)

出題形式は、例年、約6分間のリスニングテストが10点程度、読解問題が2問で60点程度、整序問題・適語補充問題などの文法問題が20点程度、自由英作文が10点程度の構成となっています。
リスニングテストは、英検3級レベルです。リスニングテスト以外の問題は、得意なものから解答するように心がけてください。

国語 (100点満点・時間50分)

日ごろから文章に親しんで文脈の正確な把握ができるようにしておいてください。また微妙な言葉の表現を正しく読み取る力も必要です。漢字、文法、慣用句などの基本的なことも出題されますので、確実に解答できるようにしてください。
出題形式は、例年、中心となる現代文の長文読解の大問を2題出題します。近年は、古文・漢文の内容も設問に取り入れています。古文・漢文もおろそかにせず、学習しておくことが必要です。

数学 (100点満点・時間50分)

計算力及び基本事項を理解し、適切に運用できるかを見ます。難しい問題を解くよりも、基本から標準レベルの問題にじっくり取り組み、確実に解けるようにしておいてください。
中学で学習した内容から全般的に出題しますが、中でも関数・図形に関しては、しっかり取り組んでください。数字はもちろんのこと記号なども丁寧に書いてください。判別しにくい数字・記号で不正解扱いになるケースがふえています。

<面接試験について>
受験生1名に対して試験監督2名が質問する個人面接形式です。所要時間は5~10分程度です。
本校の志望動機や中学校での活動内容等について質問します。緊張しすぎることなく、質問に答えてください。
中学生らしい態度で、通常の応答ができれば結構です。