校長室便り
2014年04月30日
4月後半の成城号

 いよいよ大型連休に入りますが運動部では各種大会がはじまり、校庭や体育館は活気に溢れています。

今回から「月末発行」に変更します。前回4月中旬に発行しましたので、分量は少ないですが「4月後半の成城」をお知らせします。

1.卒業生の訪問

JAXAの若手職員が校長室を訪問してくれました。彼は、宇宙飛行士の専属医師で、本校の卒業生でした。本校から医学部に進み、現在は医師として宇宙開発に貢献。6月にはアメリカに出発するとのこと。明日5月1日は校外課業で、中学2年生は筑波研究施設を訪問します。筑波宇宙センターで、先輩にお目にかかれることを楽しみにしています。

2.保護者会

4月12、19、26日の土曜日には多くの学年で保護者会が実施されました。私が出席した全体会では、130周年記念の校舎建築工事の進捗状況、今年度の方針、ご家庭へのお願いなど、様々な観点からお話させていただきました。そのあと、昨年導入したスクールカウンセラーから保護者へのメッセージ。続いて、学年の担任紹介、行事紹介など、新年度の体制を理解していただく保護者会でした。特に、中学3年と高校1年生の保護者の方々には Empowerment Program の事前学習として6月に実施予定の「講演会」を紹介しましたが関心の高さを感じました。

3.高3進路講演会

4月22日(水)の5時間目を使って、高3生徒対象の進路講演会が実施されました。

校長、進学係主任、予備校講師がそれぞれ、激励の言葉をおくり、現状を説明し、また心構えなどを伝えました。今日から全員が「受験生の顔」になりスタートします。

4.夢限大

大井町の「きゅりあん」で昨年に続いて開催された「私立中学合同相談会」で、本校も参加しました。保護者ブースには、本校の師親会の役員の方々が受験生の保護者に対応してくれました。

いよいよ相談会が始まりました。成城学校をより理解していただくために今年も頑張ります。よろしくお願いします。

平成26年4月30日

 学校法人成城学校

成城中・高等学校

校長 栗原卯田子

  • キーワード検索