校長室便り
2014年06月03日
新緑がまぶしい季節になりました。成城生は皆元気です

 今年度初めての取り組みである「中学1年グローバル研修」が5月31日、6月1日の両日に実施されましたので、6月1日の様子も加えてお伝えするために、発行が遅くなってしまいました。それでは5月の成城学校の様子をお知らせします。

1.JAXA訪問

5月1日は全学年で「校外課業」が実施されました。今年の中学1年と2年は1泊2日で、中学2年は1日目に「つくば研究都市」、2日目に筑波山を歩くプログラムでした。私は仕事の関係から中学2年の1日目のみ同行しました。まず地質標本館、続いてサイエンススクエア、午後からJAXAに行くコースでした。地質標本館、サイエンススクエアはいずれも展示が素晴らしく、生徒達は質問したり、メモを取ったり、体験したり、様々なテーマに興味をもって引き込まれていく様子が印象的でした。

筑波宇宙センター(JAXA)では、先月号で紹介した本校の卒業生である若手職員(30代後半)に会うことができました。彼は、宇宙航空研究開発機構の有人宇宙ミッション本部にある宇宙医学生物学研究室の主任医長です。医師の経験を生かして宇宙飛行士健康管理グループに所属しており、当日は会議の合間を見て、私達の見学場所に出向いてくれ、本校卒業生として、これまでの経験と、これから宇宙開発に貢献したいという夢を、後輩達の前で語ってくれました。6月にはアメリカのNASAに出発するとのこと。生徒たちへの貴重な「激励のメッセージ」となりました。

理科好きの生徒達は、宇宙開発をはじめ、最先端分野の研究に触れながらワクワクする一日を過ごしたことと思います。

サイエンススクエア

ロケット

記念写真

2.新校舎見学会

校舎建築工事の進捗状況を確認するために、5月8日に理事長と事務長らと一緒に、図面を見ながら、工事現場を歩きました。各部屋の広さ、位置関係や動線を具体的に確認することができました。新校舎には「成城らしさ」を活かした特徴がたくさんありますので、新しい環境で「成城の教育」を展開していきたいと思っています。

新校舎は7月に引き渡し予定で、職員室、校長室など、本館からの引越は夏休みです。

3.調理実習

5月16日(金)の6時間目と5月22日(木)の4時間目、2度も調理実習の招待をいただきました。いずれも、高校2年生で献立は「すき焼きどんぶり」でした。肉を盛り付けるにあたって公平さに気を遣う男子の姿が微笑ましく、丁寧で真剣で、一生懸命さに好印象を持ちました。会食中はいろいろな話題に話が盛り上がりました。わずかな時間でしたが生徒たちと話して、今生徒が、関心を持っていることを知る良い機会になりました。会話の後、いつものように「ピカピカに」掃除をしてチャイム終了。

調理実習

4.いじめ防止委員会

「いじめ防止対策推進法」の施行に合わせて、本校では、学校としての方針や新しい組織づくりを議論し、今年度当初には「いじめ防止委員会」が発足しました。5月考査初日の5月23日に第1回を開催しました。5月28日には、中学2年生が東京弁護士会の協力を得て「いじめ防止の授業」を実施しました。今後も委員会を定期的に開催し、情報交換や防止のための取り組みなど、未然防止に努めていきます。

5.プール開き

5月考査の最終日は、試験勉強のために休止していた部活動が午後から再開されます。最終日の5月27日(火)、水泳部では恒例の「プール開き」がありました。お神酒、お榊などがお供えされたプールサイドには既に、高校の水泳部員、水泳部顧問、体育科教員などが集合し整列していて、事務長、副校長、教頭、事務室職員とともに、午後1時に式が始まりました。まずは「学校長訓辞」。この日より始まるクラブ活動は勿論のこと、水泳授業、ウォーターボーイズなど、プールで行われるあらゆる活動の安全を祈願し、激励しました。そして、水泳部主将とプールの四隅にお神酒を奉納しました。続いて、「泳ぎ初め」が行われました。まずは、皆が見守る中で、水泳部主将が「泳ぎ初め」、続いて水泳部員が、リレー形式で泳ぎました。水温は25度。試験勉強で寝不足でしょうに、力強い泳ぎを見せてくれました。水泳に係る行事や活動の成果に期待するとともに、今年の無事を祈願して、成城の伝統儀式は滞りなく終了しました。

プール開き

6.グローバル研修

5月31日(土)と6月1日(日)に校内で、中学1年生全員が参加する「グローバル研修」を実施しました。これは、今年初めての取り組みで昨年度に実施した「エンパワーメント・プログラム」の成果を踏まえて中学1年生に対する試行として導入したものです。今回は28名のネイティブの英語教師を招聘して、生徒10名に1名がついて2日間、英語のみでプログラムを実施しました。初日の朝一番で行ったオープニングセレモニーで緊張していた顔は、すぐに、男子校らしい「のりのり」の笑顔に変わり、無理なくプログラムに入ることができました。1日目を終えて帰る様子は、朝とはすっかり違っていました。

グローバル研修初日

2日目の午後は保護者を招いての発表会がありました。多くの保護者がわが子のスピーチを聞いて驚いたり、感激したりしている様子でした。クロージングセレモニーでの生徒は、発表を終えた安堵感も加わってか、生き生きした笑顔と態度で、先生方との別れを惜しんでいました。今後、生徒・保護者のアンケート結果等をもとに総括を行って、「成城版グローバル教育」の在り方を検討していきます。

グローバル研修2日目

クロージングセレモニー

平成26年6月3日

中1グローバル研修を終えたところでの発行となり遅くなりました。

学校法人成城学校
成城中・高等学校
校長 栗原卯田子

  • キーワード検索