成城スクールライフ
2011年02月17日
中1:理科2(実験の事前説明)

 本日は中学1年B組の「理科2」の実験の事前説明の様子を紹介します。授業の担当は、理科の菅原先生です。菅原先生は、科学部の顧問をしている先生で、磯採集が大好きな先生です。

 今回の実験のテーマは「だ液の働き」です。だ液が含むアミラーゼという酵素の働きが、温度の影響をどのように受けるのかを考察することを目的にしています。はたして、0℃、40℃、80℃という環境では、アミラーゼの働きは、どのような変化をするのでしょうか。

 手順が複雑な実験なので、今回の授業では、事前説明を行い、生徒達に作業の理解をしてもらいました。生徒達の実験は成功するでしょうか。後日、改めて紹介してみたいと思います。

  • キーワード検索