成城スクールライフ
2011年02月25日
私たちの身のまわりの環境地図の作成

 本日は、少し前の話題ですが、中学生の「身のまわりの環境地図の作成」の実施結果をご紹介します。本校では、夏季休暇中の課題として、環境地図の作成を実施しています。

 環境地図とは、身のまわりの環境について自分で調査したこと、観察したこと、考えたことを地図にしたものです。身のまわりの環境地図をつくることを通して、計画の立案・調査準備・環境の観察・記録・地図作り・地図の読み取り・考察・発表など、総合的な学習をすることができます。

 作成した環境地図は、2学期の授業時に発表する時間を設けており、良いプレゼンテーションの機会になっています。

 

 また、提出された環境地図の優秀作は、世界規模の地図作品展である、第20回「私たちの身のまわりの環境地図作品展」に応募しました。

 今年度は、多くの作品の中から、成城中学2年生が、最高位の「国土交通省国土地理院長賞」を受賞しました。他に「優良賞」3名、「努力賞」4名とあわせて、8名が入賞しました。

 受賞作品は「環境地図教育研究会」のホームページにおいても、ご覧いただけます。


  • キーワード検索