学校行事
2011年03月24日
中1:中学行事(実施の様子)

 本日は、昨日ご紹介した、中学1年生の「秋の中学行事」の実施の様子をご紹介いたします。本年度の秋の中学行事は、10月23日(土)、秋晴れの陽気な天気の日に行われました。


 東京ドームにて集合。班ごとに出発チェックを受けます。


 まずは東大の赤門を目指します。東京ドームのある春日周辺から、東大までは登り坂です。この辺りは「本郷台地」といい、23区内では珍しい坂の多い地域です。途中、江戸時代の明暦の大火(振袖火事)の火元となった本妙寺跡を通過します。


 本郷キャンパス内はとても広いので、地図が欠かせません。生徒たちは、三四郎池や安田講堂など、注目ポイントをしっかり探して、楽しみながら歩いていました。


 そして、根津神社へ。根津神社までは、今度は下り坂です。この辺りは、本郷台地と上野台地の狭間にあたり、江戸時代は川が通っていたそうです。


 何班かは、途中に寄り道をして、へび道と呼ばれる暗渠(地下水路)跡に出来た道を訪れました。名前の通り、ぐねぐねと曲がった道が、とても趣がありました。ここは昔、藍染川という、上野の不忍池へと流れる川が流れていた場所です。

 途中、スイスの国旗に似た道路標示を見つけ、生徒たちは喜んでいました。


 東京芸術大学を通過して、上野公園へ。西郷さんの近くで多くの生徒はお弁当を食べていました。解散チェックを受けた後、生徒たちは、上野動物園や国立科学博物館に足を運んでいたようです。

 

 GPS機能付き携帯電話が発達した現代、道に迷うことは少なくなってきたように感じます。しかし、「迷う」ということは、大きな成長のチャンスであると、私たちは考えています。

 生徒たちには、地図を見て、計画的に行動し、時間を守り、街中で困ったときには人を探して道を聞くなど、アクシデントにもめげずに冷静に判断して行動できる、逞しい男子に育ってほしいと願っています。

 またこれらの行事は、広範囲を班で移動します。班員同士で相談し、協力しなければ、予定通りに行動できません。コミュニケーション能力も求められていると言えるでしょう。

 成城は、「遠足」でなくても、「近足」で、様々な博物館や美術館・大学・官公庁などに行くことができます。来年度も、生徒たちとより良い企画を作っていきたいと思います。

 

<参考>

・学校行事:中学行事

・日々の成城生活:中1の中学行事(事前学習)


  • キーワード検索