イベント
2011年03月25日
高2:卒業生との座談会

 本日は、少し前の話題ですが、11月20日の土曜日の放課後に行われた、高校2年生と卒業生との座談会の様子をご紹介いたします。

 参加してくれた卒業生は、平成20年度卒1名(慶応大学薬学部2年)、平成21年度卒2名(東京大学教養学部1年・慶応大学法学部1年)の3名です。3名とも現役で難関大学進学を果たした卒業生です。それぞれの経験談を詳しく話してくれました。

 高2の生徒たちは先輩たちの経験談を熱心に聞いていたようです。


 高校2年生のこの時期は来年度のコース・科目選択で悩む時期です。

 高校2年生になり本格的な受験勉強がスタートし、いよいよ志望系統・大学を絞り込む時期で、現在の学力と志望大学とのギャップに悩む時期でもあります。

 本校の校訓「自学自習」を実践し、志望進路を実現した卒業生からの、どのようにして受験勉強に取り組み、乗り越えていったのかという話は、最も重要なアドバイスなのではないでしょうか。

 自分たちの現状認識の甘さを実感した生徒も少なからずいたようです。11月は、ちょうど三者面談の時期でもありますから、日々の生活を見直す、よい機会になったようでした。

 11月にこの座談会に参加した生徒たちも、4月には最高学年の高校3年生になります。受験生として、これからの1年間、後悔の無いよう全力で努力を重ねて欲しいと思います。


  • キーワード検索