学校行事
2011年03月28日
中2:スキー学校(3)

 本日は中学二年生のスキー学校最終日の様子をご紹介いたします。

 最終日になると、初心者の生徒もかなり自由に滑ることが出来るようになっていますので、みんなゲレンデに出たくてうずうずしている頃ですね。しかし油断は禁物。この時期は一番怪我をしやすい時期です。写真はインストラクターの先生から厳重な注意を受け、いざ最後の滑走に向かうところです。


 ひとしきり滑り終わったら閉校式ですが、はしゃぎすぎたのか、はたまた転倒したのか、全身雪で真っ白になっている生徒もいました。


 閉校式の時は山頂から陽がさすようになり、戸隠連峰も望むことができました。

 閉校式では、インストラクターの代表の方からの講評を頂戴し、最後は生徒代表からお礼を申し上げます。宿舎に帰り、昼食を済ませたらすぐにバスに乗って戸隠高原をあとにします。毎年の事ですが、いざバスに乗り込むと、「もっと滑りたかった」という名残を惜しむ生徒の声があちこちから聞こえます。今度は家族や友人と一緒に、すべりに来てください。ただし、インストラクターの先生方から教わったように、ゲレンデのマナーをしっかり守り、安全第一でお願いします。


 バスに乗り込むと暖かい日差しが差し込み、4日間の疲れもあり、生徒も先生もご覧の有様でした。

 みなさんお疲れさまでした。



<参考>

・日々の成城生活:中2のスキー学校(1)

・日々の成城生活:中2のスキー学校(2)

・日々の成城生活:中2のスキー学校(3)


  • キーワード検索