成城スクールライフ
2011年04月20日
中2:英語

 本日は中学2年A組の「英語」の授業を紹介します。授業の担当は大溝先生。鉄道研究部や写真部の顧問をしており、成城の物知り先生の1人です。

 中学2年生は、今は形容詞の修飾について学んでいます。黒板に張られた大きな絵は、大溝先生手作りです。前置詞の復習をすぐに行うことが出来るのがメリットなのだそうです。

 「of」、「in」、「under」、「on」、知らないうちに生徒たちは沢山の前置詞の使い方を覚えてきたようです。途中、大溝先生は「シロクマの英訳であるpolar bearのpolarってなんだろう?」と生徒たちに質問していました。辞書で語源を調べた生徒たちは、その意味に少し驚いていたようです。

<参考>

・教育カリキュラム:英語


  • キーワード検索