学校行事
2011年06月02日
中3:春の中学行事

 本日は、中学3年生の「春の中学行事」の紹介を致します。中学行事とは、中学生の中間試験最終日の翌日に行われる、博物館見学などの課外活動です。

 中学3年生の春の中学行事は小金井市の「江戸東京たてもの園」に行きました。この博物館は、江戸・東京の歴史的な建物を移築保存し展示しており、スタジオジブリの「千と千尋の神隠し」のモデルになったことでも有名です。連想される映画のシーンを思い出しながら、園内を巡るのも楽しみの一つです。

 敷地の中には、昔の商家、銭湯、居酒屋などの下町の風情を楽しむことができる建造物が並んでいました。「鍵屋(居酒屋)」、「子宝湯(銭湯)」、「武居三省堂(文具店)」、「万世橋交番」などが、生徒たちには好評だったようです。

 中学3年生の中学行事では、中学1年生の頃からずっと、訪れた場所のスケッチを描いています。生徒たちは、自分が気に入った建物を、一生懸命スケッチしていました。このようにゆっくりと、昔の町並みを味わうことができるのも、中学行事ならではです。

 また、広場では、生徒たちが竹馬やコマで、笑顔で遊んでいる姿が見られました。昔なつかしい遊びも、楽しかったのではないでしょうか。

<参考>

・学校行事:中学行事

・日々の成城生活:2011年度の中2の春の中学行事

・日々の成城生活:2011年度の中1の春の中学行事

・日々の成城生活:2010年度の中1の秋の中学行事(事前学習)

・日々の成城生活:2010年度の中1の秋の中学行事(実施の様子)


  • キーワード検索