クラブ活動
2011年06月24日
自転車競技部:三宅島レース(2)

 本日は、昨日に引き続き、6月11日(土)と12日(日)に行われた、自転車競技部の「三宅島レース」(正式名称:ツールドジャパン第2戦三宅島stage兼JCRC第4戦)の様子をご紹介いたします。

 前日はヒルクライムTTと前夜祭でしたが、この日はステージレースです。島内に設けられた特設コースを規定周回走行し、順位を競います。個人の力が試されるタイムトライアルとは異なり、集団での駆け引きやチーム走行ができることが魅力です。


 前日は雨でしたが、この日は好天!梅雨時期の開催ですが、晴れ男の村長さんの御蔭で、毎年、レース時は好天に恵まれています。


 村長さんの挨拶の後、各クラスのスタートです。三宅島レースは、技量によって複数にクラス分けされており、レース初心者の新入部員たちも参加しやすいのが魅力です。


 三宅島の特設コースは1周2.5kmのコースです。短いコースですが、起伏に富み、海や溶岩原なども見る事ができる、三宅島の魅力が凝縮されたコースです。


 初レースの新入部員たちは、心の底から緊張していたようです。

 レース中、部員たちは、仲間たちの力走を精一杯応援していました。


 生徒たちの力走の甲斐あって、Xクラスでは、2位入賞・3位入賞・5位入賞・6位入賞。

 Eクラスでは、2位入賞・4位入賞という結果を残すことができました。

 その他9名も全員完走しました。日頃の練習の成果でしょう。よくがんばりました。


 そして、ふたたびフェリーに乗船です。


 港まで見送りに来てくれた、村長さんを始めとする島民の皆さんに、部員たちはいつまでも手を振っていました。短い滞在期間ですが、今回の三宅島レースも、心に残るものになったようです。


 そして、再び竹芝桟橋に到着です。最後のミーティングで、引退する高3から、残された部員たちへメッセージが贈られました。

 引退する部長は、小柄な体格でしたが、ひたむきに努力を重ね、数々の実績を残してきました。彼を見習い、部員たちも今後、日々の練習を大切にして欲しいと思います。


<参考>

・クラブ活動:自転車競技部

・日々の成城生活:自転車競技部の三宅島レース(2)

・日々の成城生活:自転車競技部の三宅島レース(1)

・日々の成城生活:自転車競技部の東京都総合体育大会(トラック)

・日々の成城生活:自転車競技部の東京都総合体育大会(ロード)

・日々の成城生活:自転車競技部の2010年 三宅島レース

・日々の成城生活:自転車競技部の2010年 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍

  • キーワード検索