イベント
2011年10月04日
校舎裏の彼岸花

 校舎の裏に、彼岸花(ヒガンバナ)が咲いていました。場所は以前ご紹介したシダ植物の近くです。

 彼岸花という名前の由来は、彼岸ごろに開花するからという説と、有毒であることから「食べたら彼岸(死)」という説があります。

 種子ではなく鱗茎で増える植物なので、以前誰かが植えたのでしょうか。種子で増えない理由は、日本のヒガンバナは三倍体だからです。正常の細胞よりも、染色体の数が1.5倍多いため、正常な生殖細胞を作る事ができないのです。種なしスイカと同じ理由です。

 彼岸花は野原でも、街中でも、映える美しい花。花が枯れると葉が生えてくるので、これからの様子を是非、生徒たちも観察してみて欲しいと思います。

<参考>

・日々の成城生活:校舎裏のシダ植物

・日々の成城生活:窓からみえる桜

・日々の成城生活:放課後のグラウンド(試験期間)


  • キーワード検索