学校行事
2011年11月01日
中2:秋の中学行事

 10月25日(火)、高校生は10月考査(2学期中間試験)の最終日でしたが、中学生たちは「中学行事」と呼ばれる校外学習を行いました。今回は、中学2年生の秋の中学行事の様子をご紹介いたします。

 中学2年生の中学行事は、成城から歩いて東京タワーを目指す内容です。前日には事前指導を行っており、生徒たちは気合十分で挑みました。

 成城生たちは、成城~防衛省前~上智大学~迎賓館前~神宮外苑~明治神宮~表参道ヒルズ~青山墓地~六本木ヒルズ~慶応義塾大学~東京タワー・芝公園、という東京の地図が頭に入っている人にとっては、少し驚くような長距離のコースをなんとか歩ききることができました。少し迷った班もいたようでしたが、それもまた良い経験になったようです。

 途中、明治神宮の北参道の鳥居でチェックをしているとき、「中学生のころに友達と街を歩いた経験が、この年になると本当に良い経験だったと思えます。良い行事ですね。」と、声をかけていただく事がありました。確かに、この行事を通して、生徒たちは多くの気付きを得ていると実感します。中3の中学行事も楽しみですね。


 以下にある生徒の感想文をご紹介致します。

 秋の中学行事

 

 今回の中学行事は成城をスタートして東京タワー・芝公園の方まで歩くというものだった。

 10月考査明けの10月25日、僕たちの班は、8時10分に成城をスタートした。はじめに防衛省の前や上智大学を通り迎賓館に向かった。上智大学の近くのグラウンドではサッカー部の活動で何回か来たことあったので、周りの風景は見慣れたものがあったが、近くにかなり広い迎賓館があることは知らなかった。迎賓館で最初のチェックを受けた後、神宮外苑に向かった。神宮外苑もサッカー部の活動で来たことがあったし、国立競技場も近かったので判りやすかった。

 その後明治神宮に向かうときには、少し遠回りをしてしまったがJR中央線を目印に、千駄ヶ谷駅のほうに向かって歩いていくと、北参道の文字が見えて、無事、チェックを受けることができた。

 明治神宮の小石の道は歩きにくかったが、班の人たちと周りを見ながら話しているうちに表参道のほうへ出た。そこで見た表参道ヒルズは、僕自身何度か見たことがあったということに気付いた。

 そこから、青山墓地のほうへ向かう途中に進む道を間違えてしまったが、電柱に書いてあった住所を見て気付くことができ、道行く人にも尋ねて、青山墓地中央に行くことができた。前に言われていたとおりで、六本木ヒルズ近くの道が難しかったが、地下の道などを使って通ることができた。

 六本木ヒルズから慶応義塾大学へは、細かい道が多く、難しかったが桜田通りに出ると、すぐに分かった。ゴールである芝公園は、どこに芝生の広場があるのか分からなかったが、増上寺を手掛かりに、正午頃に最後のチェックを受け、昼食の時間となった。

 僕たちの班は、何度か道が分からなくなってしまったが、その度に、人に助けられたので、とてもありがたいと思った。その他にも今回の行事の目的であった事項も意識して歩けたので、歩いていて少し楽しかった。今後も目的を意識して物事をやっていこうと思った。

<参考>

・学校行事:中学行事

・日々の成城生活:2011年度の中2の秋の中学行事(事前指導)

・日々の成城生活:2011年度の中3の春の中学行事

・日々の成城生活:2011年度の中2の春の中学行事

・日々の成城生活:2011年度の中1の春の中学行事

・日々の成城生活:2010年度の中1の秋の中学行事(実施の様子)

・日々の成城生活:2010年度の中1の秋の中学行事(事前学習)


  • キーワード検索