成城スクールライフ
2011年11月10日
中2:成城短歌コンテスト

 中学二年生では、夏期休暇中に短歌を作成する宿題が課されました。集められた短歌は、文化祭で飾られ、「成城短歌コンテスト」と銘うって来場者に優秀な作品に投票してもらいました。本日はその結果を発表いたします。

 当日は約600人の方に来場していただきました。ご来場の皆さま、投票にご協力いただき、ありがとうございました。改めて御礼申しあげます。

 

 <最優秀作>

 莫大な 借金かかえた この日本 支える僕ら 肩の荷重い

 

 <優秀作>

 今は亡き 私と同じ 成城生 大先輩の 父方の祖父

 

 <優秀作>

 福島の 避難区域に 桜咲く 見てはもらえぬ その花の色

 

 <佳作>

 澄んだ夜の かすかに聞こえる 虫の音と 夏の終わりの  遠くの花火

 

 <佳作>

 どちらさま 電話に出たら そう言われ 声がわりだと 実感する日々

 

 <佳作>

 ほほえんだ 祖父の顔も 一瞬に 初盆の夜の 五山の送り火

 

 <佳作>

 おねがいだ クーラーだけは つけさせて かならずまもる せっていおんど

 

 <佳作>

 朝ぼらけ 閉じかけた眼 開きつつ ようよう起きて 我が学びやへ


<参考>

・教育カリキュラム:国語科

・日々の成城生活:中1の国語(漢和辞典の引き方)

・日々の成城生活:中1の国語2※2010年度


  • キーワード検索