成城スクールライフ
2011年11月17日
中学生:私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(3)

画像をクリックすると地図の拡大画像が表示されます。

 本日も引き続き、中学生たちの「第21回 私たちの身のまわりの環境地図作品展」(主催:環境地図教育研究会)の受賞作品を紹介致します。

 今回はIGU-CGE議長賞を受賞した、中学2年生の秋月 俊哉くんが作成した「我が家の防災情報マップ」をご紹介します。

 秋月くんは、自宅周辺の津波被害と液状化のハザードマップを作成しました。作品の審査評および秋月くんの感想は以下の通りです。

 

 <審査評>

 東日本大震災を踏まえ、自宅周辺地域が5m級の津波に襲われた場合の水没・液状化想定範囲と防災に関する様々な情報を調べて作った地図です。色使いや地図記号を工夫して、多くの情報をわかりやすく表現しています。

 

 <感想>

 自宅付近の土地が液状化が発生しやすい低地であることから、災害が起きた際にどのように避難すればよいかを考えた。


<参考>

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(2)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(1)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図の作成※2010年度受賞作品紹介


  • キーワード検索