成城スクールライフ
2011年11月20日
中学生:私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(6)

画像をクリックすると地図の拡大画像が表示されます。

 本日も引き続き、中学生たちの「第21回 私たちの身のまわりの環境地図作品展」(主催:環境地図教育研究会)の受賞作品を紹介致します。

 今回は北海道教育大学長賞を受賞した、中学1年生の門田 拓樹くんが作成した「節電の夏 外灯マップ」をご紹介します。

 門田くんは、震災後の夜の街の変化を環境地図にまとめました。作品の審査評および門田くんの感想は以下の通りです。

 

 <審査評>

 省エネの夏、街路灯と屋外灯がどれだけ点灯されているかを広域にわたり調査し、色使いを工夫して地図化しています。地区により屋外灯の消灯の割合が違うこと、暗すぎるところがあることなど、興味深い発見をしています。

 

 <感想>

 実際に、夜に調査のために道を歩いてみると、町全体が暗くなるほど節電しなくてもよいと思った。


<参考>

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(5)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(4)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(3)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(2)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(1)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図の作成※2010年度受賞作品紹介


  • キーワード検索