成城スクールライフ
2011年12月07日
放課後の掃除の様子

 今日は放課後の掃除の様子をご紹介いたします。こちらは4月にもご紹介した中学2年生の教室の様子です。

 本校では放課後の掃除は、日直と掃除当番に分かれて行います。日直は、黒板を綺麗にするのが仕事。刷毛を使って、黒板の桟のチョークの粉まで綺麗に掃除します。またクラスの日誌に、その日の振り返りを記入するのも日直の仕事です。

 一方、掃除当番は床を掃くのが仕事です。机を運び出して、教室の中のホコリや小さなゴミを綺麗にしています。このクラスでは、担任の先生が時折モップ掛けをして、床の小さな汚れも取るようにしているのだとか。

 生徒たちの掃除によって、教室は大切に管理されています。校舎建設が始まっていますが、生徒たちには最後に教室を出る日まで、この教室に対する感謝の気持ちを忘れないで欲しいと願います。


黒板の桟を掃除する生徒

日直日誌を記入する生徒

<参考>

・日々の成城生活:文化祭の教室復元・反省(2011年9月21日)

・日々の成城生活:中2の文化祭前のロングホームルーム(2011年9月9日)

・日々の成城生活:中2の掃除の様子(2011年4月25日)


  • キーワード検索