学校行事
2012年01月06日
中2:スキー学校(3)

 本日は、引き続き、スキー学校の3日目の様子をご紹介いたします。

 スキー学校の3日目(12月25日)の修技は、小雪がちらつく天気の中でスタートととなりました。前日に降った新雪の感触に、生徒たちは大喜び。インストラクターの先生が合流するまでの合間に、雪合戦をした班もあったようです。

 スキー学校も3日目になると、未経験の生徒もきちんと技術を修得してきています。どの班もこの日はリフトに乗ることからスタートし、緩斜面や急斜面で基本を確認することから始まりました。

 初日では考えられなかった急な斜面も、時には転びながらですが、滑りきることができるようになったようです。インストラクターの指導も良いのですが、子供の成長ぶりには毎年驚かされます。

 昼食時も、生徒たちはとっても元気。午後はついにビデオの撮影です。

 午後の修技ではいよいよ撮影開始。上級・中級・初級Aの生徒は、やや急な中級コースの斜面で、その他の初級や未経験の生徒たちは、緩斜面でそれぞれの滑りをビデオで撮影していきます。撮影時にインストラクターの先生が、滑りの講評を吹き込んでくれるので、とても参考になります。下の写真は初級Aの生徒たちの、撮影前の緊張の瞬間です。

 午後の修技の後は、宿で食べる最後の晩御飯です。3泊の宿泊の間、宿の皆さんはとても美味しい料理で生徒たちを支えてくれました。

 最後のミーティングでは、班のみんなで録画したビデオを鑑賞します。自分の滑りを客観的に見られるので、最終日の更なる上達につながります。自分の思い描いていた姿と大きく違っていて、ショックを受けている生徒も居るようでした。

 下の写真は、生徒が作った小さな雪だるまです。雪国の生活を生徒たちは心から楽しんでいるようでした。

 次回は最終日の様子をご紹介いたします。

<参考>

・日々の成城生活:中2のスキー学校(2)

・日々の成城生活:中2のスキー学校(1)

・日々の成城生活:中2のスキー学校開校直前

・日々の成城生活:中2のスキー学校事前説明

・日々の成城生活:2010年度の中2のスキー学校(3)

・日々の成城生活:2010年度の中2のスキー学校(2)

・日々の成城生活:2010年度の中2のスキー学校(1)


  • キーワード検索