学校行事
2012年06月11日
中3:春の中学行事

 本日は、5月28日(月)に行われた中学3年生の「春の中学行事」の紹介を致します。中学行事とは、中学生の中間試験最終日の翌日に行われる、博物館見学などの課外活動です。

 中学3年生は1年の頃から、「歩学実習」と銘うって、都内の各所を歩いて渡る行事を行っております。時に迷子になることもありますが、その度に生徒たちはあの手この手で問題を解決してきました。この都内を歩く経験が、震災時にも役に立ったようで、帰宅困難になった生徒たちが自力で学校に戻ってきたエピソードが雑誌の取材を受けたこともあります。

 今回の中学行事の行き先は、「国会議事堂を見学した後にレインボーブリッジを歩いて渡りお台場を目指す」というもの。日比谷公園に集合し、国会議事堂を見学した後、生徒たちはお台場を目指しました。今回は約10kmという行程でした。

 生徒たちの感想文には、「いつもより距離は少なかったけど楽しかった。」という言葉が。10kmは生徒たちにとって、軽々歩くことのできる距離になったようです。教員たちも驚くほどの、たくましい成長ぶりです。



 以下に、ある生徒の感想文をご紹介いたします。

 「春の中学行事」



  今回の中学行事は、国会議事堂とレインボーブリッジを主に巡った。国会議事堂は小学6年生の時に一度行った事がある。しかし、その時は国会というものがどういうものなのかを深く理解していなかったので、ただの大きい建物にしか見えなかった。今回、二度目として見た時は「大きい建物」ではなく、「国権の最高機関である国会議事堂」というふうに見えた。公民の授業で国の政治について学んだので、当時見た時と比べると別格であった。

  国会議事堂を見学した後、新橋などを通って、レインボーブリッジに行った。レインボーブリッジはまだ行ったことが無かったのだが、僕は全く興味が無く、橋を渡るまでは正直、面倒だと思っていた。しかし、上までエレベーターで上って下を見下ろしてみると、とても眺めの良い景色が広がっていた。渡るときは強風に当たりながら渡るので、とても気持ちが良かった。

  前回の中学行事では班員とはぐれてしまい、バラバラで行動してしまった。その反省を今回に生かし、一人もバラけることなく行動できた。この反省を忘れずに、次の中学行事や修学旅行を迎えたいと思う。

<参考>

・学校行事:中学行事

・学校行事:2010年度の中学行事

・日々の成城生活:中2の春の中学行事

・日々の成城生活:中1の春の中学行事

・日々の成城生活:2011年度の中3の秋の中学行事

・日々の成城生活:2011年度の中3の春の中学行事

・日々の成城生活:2011年度の中2の秋の中学行事

・日々の成城生活:2011年度の中2の秋の中学行事(事前指導)

・日々の成城生活:2011年度の中2の春の中学行事

・日々の成城生活:2011年度の中1の春の中学行事

・日々の成城生活:2010年度の中1の秋の中学行事(実施の様子)

・日々の成城生活:2010年度の中1の秋の中学行事(事前学習)


  • キーワード検索