イベント
2013年03月15日
中3:卒業研究授賞式

 3月11日(月)、中学3年生は模擬高校入試の後に、卒業研究の授賞式を行いました。東日本大震災から2年が経過する日ですので、式の前に黙とうをささげた後に開会しました。

 中学2年生の終わりからスタートした卒業研究。1年間以上もの長い研究期間を経て、今日の授賞式を迎えました。色々と大変なことがあったようですが、生徒たちは自分の決めたテーマを楽しく研究ができていたようです。

 卒業研究の最優秀賞はF組の保田くんの「半月板・全十字靱帯の損傷と治療」という研究でした。自身も怪我をしてスポーツを断念したという経験があり、このタイトルを選んだそうです。膝の構造から、最新の治療法の研究、また模型を用いた実験等、素晴らしい内容でした。

 受賞の後に、保田くんには研究のプレゼンテーションを行ってもらいました。身近な「膝」というテーマであったこともあり、生徒たちは保田くんのプレゼンテーションを真剣に聞いていました。

 

 <最優秀賞>

 ・半月板・全十字靱帯の損傷と治療

 

 <優秀賞>

 ・アスベストの人体に対する影響について

 ・鉄道の未来像

 ・野球の試合で勝つためには

 ・サブカルチャーと地域経済

 ・タイドプールの特異性

 ・ランナーズハイの秘密

 ・調布の都市計画

 ・最速の背泳法の開発・検証

 ・マクドナルドはなぜケータイクーポンを始めたのか

 ・テロリズム

 ・現代に残る分断国家 朝鮮半島

 ・なぜジャパネットたかたの商品は買いたくなってしまうのか

 ・さらに速く走るために

 ・これからの日本のエネルギー利用のあり方

<参考>

・日々の成城生活:中3の卒業研究最終選考中

・日々の成城生活:中3の卒業研究のゼミの様子

・日々の成城生活:中3の卒業研究中間発表

・日々の成城生活:中3の卒業研究のゼミの様子

  • キーワード検索