成城スクールライフ
2013年05月30日
高2:家庭科の調理実習(すき焼きどんぶり・F組編)

 本日は高校2年F組(理系クラス)の家庭科の調理実習の様子をご紹介いたします。授業の担当は、技術家庭科の山田先生です。

 男子校の調理実習というと、「大丈夫かな?」と不安になる方もいるようですが、彼らの腕前はなかなかのものです。男子校だからこそ、このような調理実習は必要な授業です。

 この日のメニューはすき焼きどんぶり。美味しくできたでしょうか。

 

 <本日のメニュー>

 ・すき焼きどんぶり

 ・豆腐となめこの味噌汁

 試食をした教頭の小山先生(数学)の感想をご紹介します。

 さすがに理科系クラスらしく、配膳がカッチリしているのが好印象です。

 調理においては計量をきちんとしているのでしょう、美味しくいただきました。

 ただし、個人的な好みの問題かもしれませんが、ご飯がやや柔らかく感じました。

 さて、注目の☆の数ですが、諸君にはさらに上を目指してもらいたいとの想いから、あえて満点とはしません。理科系なので、

 ☆は2.718281828459045…です。

 「自然対数の底」と呼ばれるこの数値を理解し、立派な大学生、社会人となって、人生において☆☆☆を獲得してください。

 ごちそうさまでした。

<参考>

・教育カリキュラム:技術・家庭科

・日々の成城生活:高2の家庭科の調理実習(ハヤシライス)

・日々の成城生活:高2の家庭科の調理実習(チョコレートケーキ)

・日々の成城生活:中2の技術(放課後の追加実習)


  • キーワード検索