成城スクールライフ
2013年07月20日
高1:卒業生講演会(未来の履歴書)

 本日は、7月13日(土)に行われた高校1年生の卒業生講演の様子をご紹介いたします。

 この日の講演会のテーマは進学課題の「未来の履歴書」についてです。「未来の履歴書の作成」は成城が独自に開発した進路教材。大学4年生になった自分を想定して、希望する就職先に宛てた履歴書を作成するものです。自分の希望する進路から逆算して生徒たちが「いま」やるべきことを明確にするのが目的です。

 演者は、6年前に履歴書を作成し、この夏、希望する就職先に内定を決めた、ハンドボール部のキャプテンの生徒です。彼が心を込めて伝えた後輩へのメッセージは、きっと現役成城生を成長させてくれたと信じています。高校1年生の皆さんは、この春、自分の歩むべき道を真剣に考えて下さい。



<講演概要>

・中学時代は数学が得意だったので、理系が良いかと思っていた。

・中3の時、数学を活かした文系もいいかなと思うようになる。

・履歴書を書くに当たり、グローバルという言葉に興味を持った。

・商社という仕事を知り、数学を武器にできる文系が社会に求められている事を知る。

・履歴書を通して、3年後、そして7年後の自分を考えた。

・実際に寄り道をしたとしても、最終的にその職種になろうと思った。

・就職活動を通して、漠然とした社会貢献への憧れが、具体的に変わった。

・高1の頃は、部活を続けて、生活のリズムを崩さず、1冊の参考書をこなすことが大切。

・文系でも数学は大事。

・LINEはやめたほうがいいよ。(時間がもったいない…)

<参考>

・日々の成城生活:高3の総決起集会

・日々の成城生活:高1の進路講演会(現役合格を目指して)

・日々の成城生活:高1の未来の履歴書の作成

・日々の成城生活:中3の進路講演会(高校生になる前に)


  • キーワード検索