クラシックギター クラブ活動 成城スクールライフ
2013年09月27日
古典ギター同好会:夏合宿

 古典ギター同好会は、8月25日~8月27日までの2泊3日で夏合宿を行いました。今年度は山梨県の清里にあるロッジを宿泊地し、日夜ギターの練習を行いました。

 

<1日目>

 1日目の朝、新宿駅に集合した生徒たち9名と顧問は、快速電車に乗車して小淵沢へ。小淵沢駅で駅弁を購入し、JR小海線の車中で昼食をとりつつ、清里駅まで行きました。

 清里駅に到着すると外は雨が降っており、予想よりもだいぶ気温が低く、少々肌寒い陽気でした。そのまま、送迎の車2台に乗り込み、今回お世話になるロッジへと移動しました。

 今回お世話になったロッジには多目的ホールがあり、そのホール内は24時間音を出せることになっていましたので、生徒たちは部屋に荷物を置くと、すぐにその多目的ホールに移動し、練習を開始していました。練習後の夕食は、たくさんのメニューに囲まれて、おいしい食事をすることができました。

 雨が止んだので、夕食の後、ロッジの駐車場で自分たちが購入してきた花火をすることになりました。日が落ちてさらに気温が下がっており、冷たい風が吹きつけるため、ろうそくに火をともすことに少々時間がかかってしまいました。

 それでも、なんとか花火を始めることに成功すると、涼しく澄んだ空気の中、都会では見られない多くの星が見える空の下、楽しく花火を行うことができました。

 

<2日目>

 合宿2日目は、朝の散歩から始まりました。この日は天気に恵まれ、澄んだ空気の中を30分ほど歩きました。

 朝食の後からは、適宜休憩をはさみつつも、ギターの練習に励みました。夕方、合宿内での発表会を行いました。文化祭での演奏会を想定しながら、緊張しつつも一人ずつギターの練習の成果を発表しました。

 2日目の夕食は、発表会を終えてホッとした生徒たちが心待ちにしていたバーベキューです。お肉も野菜も魚介類もたっぷりのぜいたくなバーベキューで、しめに焼きそばまで作りました。

 バーベキューが終わった後は、前日使いきれなかった花火の続きです。噴き出すタイプの花火で盛り上がり、線香花火でこじんまりとし、みんなで心を通わせることができたと思います。

 

<3日目>

 3日目は多目的ホールをはじめとして、使用した部屋の整理をしつつ、早めの昼食をとって、清里駅まで送迎してもらいました。

 名残惜しい気持ちになりながら、清里駅を後にして、新宿へと帰って行きました。

 

 運動部の合宿とは違いややのんびりした雰囲気でしたが、楽しみつつ、いつもよりも内容の濃い練習ができたようです。残念ながら、文化祭での演奏会は台風のため、実施することができませんでしたが、今後の彼らの活躍に是非ご期待ください。

<参考>

・クラブ活動:古典ギター同好会

・日々の成城生活:古典ギター同好会のスペインギター音楽コンクール第1位


  • キーワード検索