成城スクールライフ
2014年04月02日
中学生:私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(9)

画像をクリックすると地図の拡大画像が表示されます。

 本日も引き続き、中学生たちの「第23回 私たちの身のまわりの環境地図作品展」(主催:環境地図教育研究会)の受賞作品を紹介致します。

 今回は努力賞を受賞した、中学2年生の武井くんが作成した「”黄金の水”を守り続ける街…小金井」をご紹介します。

 


 受賞者からの作品の説明・感想は以下の通りです。

<受賞者からの作品の説明・感想>

 私の家の周りでは井戸をよく見かけます。となりの駅の近くには井戸の脇に水くみ場があって、ペットボトルをたくさん持って水をくみに来ている人が何人もいます。私は井戸がとても気になったので、井戸について調べることにしました。

 調べていくと小金井市はとても水に恵まれている街だということがわかりました。

 降った雨は地下に浸透して何年も何十年もかけて地下深くにたまります。市内の北部と南部の土地に高低差があり、その境界部分には国分寺岸線があって、急な坂道、斜面になっています。そこを市民は昔から「ハケ」と呼んでいます。そのハケから、地下水が湧き出ているのです。市内には、「東京の名湧水」に選ばれた湧き水が三ヵ所あり、どこもポコポコときれいな水が湧き出ていました。市内にある野川公園に流れている野川の水は、湧水百パーセントの水だということがわかりました。

 降った雨は地下百メートルまで浸透するのに約三十年かかるそうです。小金井市では、水道水の約七十%が地下水を利用しています。いま私たちが飲んでいる水道水は、今から三十年~百年前に降った雨水ということになります。

 時代の変化とともに、道路が整備され、田畑が減っていくと、昔のように雨水を吸収する土地が、吸収しにくい土地になってしまっているので、現在は、以前より地下水が減ってきてしまっているそうです。そこで、小金井市では市内にある井戸の水を調べて地下水量を測定したり、「雨水浸透ます」を設置して、雨水を地下にためる努力をしています。他にもたくさんの取り組みをして、大事な地下水を守り続けているということがわかりました。

<参考>

<2013年度受賞作品紹介>

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(8)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(7)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(6)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(5)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(4)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(3)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(2)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(1)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展

<2012年度受賞作品紹介>

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(7)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(6)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(5)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(4)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(3)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(2)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(1)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展

<2011年度受賞作品紹介>

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(7)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(6)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(5)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(4)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(3)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(2)

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図作品展・受賞作品紹介(1)

<2010年度受賞作品紹介>

・日々の成城生活:中学生の私たちの身のまわりの環境地図の作成


  • キーワード検索