学校行事
2014年08月18日
中2:林間学校(1)

 本日より、7月17日(木)から7月19日(土)に2泊3日で行われた、中学2年生の林間学校の様子をご紹介いたします。本日は1日目の様子です。

 朝、集合場所の新宿駅西口よりクラスごとにバスに乗車し、4時間ほどかけて長野県上水内郡の信濃町(しなのまち)に向かいました。ホテルに到着して持ってきた食事を済ませた後、A・B・F組は「自然観察トレッキング」を、C・D・E組は班ごとに分かれて「マウンテンバイク」・「カヌー」・「林業体験」を行いました。

 「マウンテンバイク」の班では、最初にホテル前の駐車場で丁寧にマウンテンバイクの乗り方のレクチャーを受け、実際に駐車場で練習をしました。1時間ほど駐車場で練習をしたのち、ホテル周辺を列になって走ります。舗装された道だけではなく、芝生の上や急斜面など、走りにくいところにも進みました。この周辺は冬にはスキー場になることから、斜面を登るときれいな景色が見渡せる場所などがあり、生徒たちはマウンテンバイクでの走行を満喫していました。

 一方「林業体験」の班は、やはり最初はホテル前の駐車場付近で森や林業についてのお話を伺い、その後聴診器を利用して木や土の音を聞きました。続いて、ヘルメットと長靴、そしてのこぎりを借りて、木の伐採体験を行います。伐採という言葉からは悪いことをイメージしやすいですが、森のために必要な作業ということを教えてもらい、伐採の仕方も詳しく教わりました。いよいよ森に入り、伐採するべき木の所まで行き、みんなで協力して木を伐採しました。伐採した木は樹齢30~40年ぐらいの木でした。

 「自然観察トレッキング」と「カヌー」については、3日目の様子で紹介します。

 各活動班ごとに作業終了後はホテルに入り、入浴ののち夕食をとりました。夕食後、森林メディカルトレーナーの高力一浩氏に講演をしていただきました。生徒たちは楽しみながら黒姫の自然を学んでいました。

 明日は、生徒たちがみんな若干の期待と不安を感じている、民泊体験が始まります。

<参考>

・日々の成城生活:中2の林間学校事前指導

・年間行事:林間学校

・年間行事:2011年度の林間学校

・年間行事:2010年度の林間学校

・年間行事:2009年度の林間学校

・年間行事:2008年度の林間学校


  • キーワード検索