クラブ活動
2014年11月05日
高校相撲部:関東選抜(山梨遠征)

 平成26年度第8回関東高等学校選抜相撲大会が、10月26日に山梨県忍野村国体記念土俵にて開催されました。本校相撲部は、東京都の秋季大会にて団体5位の成績ながら、本大会の団体戦出場権を得ることができました。
 前日に現地入りしてミーティングを行い、チームとしての目標を再確認して団体予選に臨みました。1回戦、群馬県代表富岡高校戦では、先鋒の泰道選手が会心の押し出しで勢いに乗り3戦全勝、続く2回戦は地元山梨県代表の強豪である谷村工業高等学校戦、大将の下河辺選手の捨て身技が決まり、負けながらもしぶとく1点を拾いました。団体予選最後の戦いは、栃木県代表鹿沼南高校戦、中堅の斉藤選手の粘り腰、相手選手の手が先につくきわどい勝負も、物言いがつきましたが体がないとの判定で敗れてしまい2点を獲得するにとどまりました。
 団体3回戦を2勝6点13位で勝ち上がり、優秀16団体の決勝トーナメントに進出を決めました。トーナメントでとても重要な、運命の対戦相手は予選4位の4チームで抽選で決まります。ここで、本校相撲部としては最も対戦したくない対戦相手である、本校の手の内を知り尽くしている東京都大会の優勝校、東京学園高校戦となりました。前日のミーティングでの目標は、ベスト8進出でしたが、ここで力及ばす敗退しました。なお、東京都代表の5校はすべてのチームが決勝トーナメントに進出し、その中でも足立新田高校は本大会で見事、優勝しました。同じ東京都の仲間としてうれしい限りです。

 本校の選手は、入学後に相撲を始めた選手しかいません。選手の身体能力とガッツと、東京都の大会で強豪選手たちに揉まれるうちに、実力がついてきたように思えます。あきらめずに上位進出を狙って欲しいと思います。そして、われわれの仲間になってくれる選手も募集しています。

 

先鋒

大将

中堅

土俵溜

<参考>

・クラブ活動:相撲部
・日々の成城生活:高校相撲部の関東大会出場
・日々の成城生活:高校相撲部の全国高等学校相撲新人選手権大会
・日々の成城生活:高校相撲部の東京都優勝(個人戦軽量級)
・日々の成城生活:相撲同好会の垂れ幕

 

  • キーワード検索