学校行事
2015年01月23日
中3:修学旅行(1)

南大門でガイドさんから話を聞きます

 中学3年生は2014年11月7日(金)から10日(月)まで、3泊4日で奈良・京都へ修学旅行に行きました。本日から3回にわたって、その様子をご紹介します。本日は修学旅行の1日目についてです。

 初日である11月7日(金)、東京駅を9時発の新幹線で新大阪へ向かいます。万が一の遅刻や平日の通勤時間帯の集合ということを考えて、集合時間を8時に設定しました。250名ほどの生徒が、東京駅の団体集合場所から通勤で混雑している駅構内を通り新幹線ホームへ移動し、さらに時間をかけずに車両に乗り込まなくてはいけないため、ここが今回の修学旅行で教員が一番緊張したところです。新幹線のドアが開いてから、みんなが乗り込むまでの時間はなんと40秒!スムーズな乗車に教員一同改めて生徒たちの成長を実感しました。

 新大阪到着後、バスで興福寺まで移動しました。そこでは各クラスに1名「語り部の会」によるガイドさんがついて説明しながら案内してくださり、多くの生徒たちが引き込まれていました。興福寺国宝館では千手観音菩薩、阿修羅像を筆頭に数多くの見応えのある国宝、重要文化財が展示されていて、見学時間をたっぷりとったつもりでしたが、生徒たちからはもっと見たいという声が上がっていました。南大門、大仏殿、二月堂、南大門駐車場付近で鹿に鹿せんべいをあげたり、写真を撮ったりする時間をとりました。現地を16時に出発し、奈良県多武峰観光ホテルに17時30分に着きました。夕食はそのホテル名物の「義経鍋」で、「焼肉と水炊きを一緒に食べられる」と生徒たちにはうれしいものでした。

東京駅集合

興福寺見学の様子

運慶快慶像の大きさに圧倒されます

三月堂

正倉院の見学

奈良公園の鹿は本当に人に慣れています

お肉たっぷりの義経鍋

食べ盛りの生徒たちは大喜び

<参考>
・日々の成城生活:中3の修学旅行荷物積み込み

  • キーワード検索