成城スクールライフ
2015年02月13日
中学生の「税についての作文コンクール」表彰

広瀬優くん(右)と引率の鈴木教諭(左)

 高校入試も明け、本日から再び通常の学校生活が始まりました。
 本日は「税についての作文コンクール」において、中学3年の広瀬優くんが表彰されたことについてご紹介します。

 このコンクールは国税庁が全国納税貯蓄組合連合会と共催しており、国税庁のHPによると

 「将来を担う中学生の皆さんが、身近に感じた税に関すること、学校で学んだ税に関すること、テレビや新聞などで知った税の話などを題材とした作文を書くことで、税について関心を持ち、正しい理解を深めていただくという趣旨で実施している」

ものだそうです。本校の中学3年生は、有志課題としてこれに取り組み、その中で広瀬くんの『消費税の経路』と題した作文が、見事に四谷税務署長賞に輝きました。写真は、去る2014年11月14日(金)におこなわれた平成26年度納税表彰式の様子です。広瀬くんは終始緊張した面持ちでしたが、賞状を授与され、登壇して堂々と作文を朗読しました。

 この貴重な経験は、大きな自信になるとともに、励みにもなることでしょう。今後のさらなる活躍を期待しています。

  • キーワード検索