学校行事
2015年05月27日
高2:春季校外課業

先頭グループ

2015高2春季校外課業・報告

高校2年生は陣馬山に行ってきました。①自然に親しむ②長い距離を歩くことにより、体力と気力を鍛える③集団行動を通して協力の大切さと親睦を深める、ということを狙いとして、成城学校としては定番の山である陣馬山に登ることにしました。雨天メニューのプランBとして「横浜散策」を用意してあって、そのほうがいいという生徒もいたようですが、日ごろの行いがよいのか当日は良すぎるくらいの晴天で、無事プランA、陣馬山登山を実施することが出来ました。

陣馬山は東京都八王子市・神奈川県相模原市県境に位置する標高 854.8mの山です。中央本線を下り、藤野駅に前半グループ、後半グループで時間差を付けて集合し、出発しました。今回は各クラス3名の「春季校外課業係」が、写真撮影と道案内という大事な役目を担っていました。係生徒はグループの先頭に立って歩き、分かりづらい場所に分かれて留まり、道案内を行いました。おかげで道の間違いもなく、予定通りの時間内に無事生徒全員を登山・下山させることが出来ました。

藤野駅から20分ほど歩くと登山口が見えてきます。「一の尾尾根コース」を通って、生徒は班ごとに陣馬山山頂を目指します。登りは思ったよりきつくて長く、山頂ではぐったり、という感じでした。頂上でお弁当を食べるのですが、この日は眺望が素晴らしく、富士山まで見えました。経験のある先生に聞くと、富士山まで見られるのはめずらしいようです。売店で買い物をしたりかき氷を食べたり班ごとに写真を撮ったりなどして、30~40分ほどの休憩を楽しみました。

陣馬山からは「関東ふれあいの道」を通って明王峠に向かいます。道は緩やかです。明王峠の売店が営業していなかったのは残念でした。ここからの下りがラスト。「与瀬神社」そしてゴールの「相模湖駅」を目指します。下りは長く感じられました。かなりの生徒がひざの疲れを訴えるほどでしたが、頑張って降りました。

相模湖駅で班ごとに点呼を取り、解散しました。5月の陽気の中、すがすがしい一日を過ごすことが出来ました。

 


  • キーワード検索