学校行事
2015年06月23日
中2:国内語学研修
楽しく、積極的にコミュニケーションする生徒たち

会話は積極性が重要!!

 

中学2年生では、昨年度に引き続き全員参加の「グローバル(国内語学)研修」を6月15日と16日に実施しました。昨年は学校内で実施しましたが、今年は国立オリンピック記念青少年総合センター内のセンター棟の研修室を借りての実施でした。

昨年度同様、各クラスを1班9名または10名ずつに分け、各班に外国人講師1名を配置し、英語を使った様々な活動を行いました。昨年は英語の学習も始まったばかりで、初日の生徒たちは緊張と不安の面持ちでした。今年は昨年度の2日間の経験もあり、初日の午前中から外国人講師の指示やテンションについていけており、改めて実体験の大切さを感じました。

仲間がいれば、楽しさも倍増

仲間がいれば、楽しさも倍増♪

聴いて話して自信がつきます!

聴いて話して自信がつきます

昨年度は学校内での実施で、ホッケーや民族楽器の演奏などもありましたが、今年は施設の関係で同様にはできませんでした。それでも、趣向を凝らした活動(クイズ、ゲーム、ロールプレイ、インタビューなど)によって、生徒たちはとても楽しそうに学んでいました。

ランチタイムも英語で会話中

ランチタイムも講師の先生と英語で会話☆

午後に向けて一息入れているところ

午後に向けて一息入れているところ

2日目の最後の時間は、昨年度の「自己スピーチ」を発展させた外国人講師との「1対1インタビュー」でした。この日は希望の保護者に参観していただき、生徒たちに多少の緊張はあったようでしたが、おのおのが立派にやりとげました。

発表にも余裕の表情!

英語での発表にも余裕?の表情

自分の言いたいことを伝えます!

言いたいことを笑顔で伝えます!

成城中学校初めての試みとして、多くの方のご協力のもと、2年間この行事を実施させていただきました。この行事の成果を何をもって判断するのかは難しいのですが、今後生徒たちが外国人と積極的に英語でコミュニケーションをとろうとする姿勢を見せてくれたならば、その成果はあったと考えます。

そして、この行事により、生徒たちに何らかの影響や刺激を与えることはできたと信じております。また、グローバル社会が叫ばれる現代において、このような行事を実施できたことを心よりうれしく思います。

 

  • キーワード検索