学校行事
2015年08月15日
中1:臨海学校(3)

7月17日(金)~20日(月祝)にかけて千葉県の岩井海岸において2015年度の臨海学校を開校いたしました。

臨海学校は、中1の生徒にとって5月の春季校外課業に続く宿泊行事であり、また本校教員と高2補助員総勢90名程度も同行する、本校最大規模の伝統行事です。開設以来90年近く、1件の事故もなく受け継がれてきました。

 

3日目も晴天に恵まれたのですが、あまりにも風が強くて危険との判断から、朝のラジオ体操は中止となりました。しかし、午前中の修泳までには風も少しは収まり、無事に午前・午後と修泳を行うことはできました。

例年ご協力いただいている地元の漁師さんにこの日の海の状態を見てもらった結果、午後には上級クラスが行う予定となっていた遠泳は、今年度は中止することになりました。そこで、中1の全員で浜レクを行いました。浜レクはクイズ大会とスイカ割りが行われ、高2補助員の名司会によって大盛況のうちに終了しました。

スイカは各宿で夕食として出されたので、生徒たちは喜んで食べていました。夕食後、再び浜に出て花火を楽しむのですが、やはり強風が吹いていたため、できるだけ風下にいないように気をつけつつ、花火で盛り上がりました。

引き続き波の高い3日目

引き続き波の高い3日目

成城丸をバックに写真撮影の準備

この日もヒューマンチェーンで海に入ります

この日もヒューマンチェーンで海に入ります

 


修泳中の時間を伝える手作りの時計

修泳中の時間を伝える手作りの時計

こちらは午後の修泳前の準備運動

こちらは午後の修泳前の準備運動

浜レクのスイカ割り

浜レクのスイカ割り

 


浜辺に作った貝文字

浜辺に作った貝文字

修泳後の片付けも終えた海岸

修泳後の片付けも終えた海岸から

 


夕食後の花火の様子

夕食後の花火の様子

いろいろな種類の花火で楽しみました

いろいろな種類の花火で楽しみました

 


  • キーワード検索