学校行事
2015年08月17日
中1:臨海学校(4)
前日までと比べて穏やかな風に包まれる浜辺

前日までと比べて穏やかな風に包まれる浜辺

7月17日(金)~20日(月祝)にかけて千葉県の岩井海岸において2015年度の臨海学校を開校いたしました。

臨海学校は、中1の生徒にとって5月の春季校外課業に続く宿泊行事であり、また本校教員と高2補助員総勢90名程度も同行する、本校最大規模の伝統行事です。開設以来90年近く、1件の事故もなく受け継がれてきました。

 

最終日となる20日(月祝)は朝から穏やかな天候となり、ラジオ体操も無事に行うことができました。この日は朝食後も海に入ることはなく、各クラスで午前中レクを楽しみました。早めの昼食をとり、お世話になった宿にご挨拶をして、バスに乗り込みます。帰りは海ほたるでお土産を買うことができたので、生徒たちはとても喜んでいました。

 

最後は無事に新宿駅付近において解散することとなりました。中1は今回の臨海学校での経験を胸にこれからの成城生活で大いに活躍してもらいたいです。高2の補助員の先輩たちは様々な場面で素晴らしいリーダーシップを発揮してくれました。きっと今回の経験は、彼らの一生の糧となったことでしょう。

臨海学校の成功には欠かせない高2補助員

自分たちでの配膳も板に付いてきました

 


宿の方とのご挨拶

宿での記念撮影

 


  • キーワード検索