学校行事
2015年09月08日
文化祭に向けて

DSC_0095

 

色々な部活やクラスなどが、週末に開催予定の文化祭に向けて、急ピッチで完成を目指していますが、今回は今や本校の文化祭の名物の一つともなった「ウォーターボーイズ」の準備の様子です。

今年度も高1~中2まで総勢40名強のキャスト、スタッフが6月末より有志として集まり、まもなく本番を迎えようとしています。学年もバラバラですが、所属の部活動もメインとなる中高の硬式テニス部、それ以外にも水泳部や剣道部といった様々な部会から、参加しているのが特徴の団体です。

このところ、映画やテレビを参考にしていた頃からは少し成長し、徐々にオリジナルの曲と振付が増えてきています。また、公演をA、Bの2パターンとして観客を何度も喜ばせたいとのことで、キャストはその分だけ覚えることが増加し、負担はかつての比ではないとのことです。

その状態でそれぞれが担当する曲を決めて、振付から指導までを責任もって行うというスタイルは、昨年度から採用されたもので、合理的であると同時に人を率いることの難しさを、代表以外の者も学ぶという意味でとてもよいと思っています。これにより、高校生は人として今までよりも一回り成長しているのです。

DSC_0084DSC_0098
ハードな練習は7月から2か月以上も続き、生徒たちの疲労も夏休み中にピークを迎えましたが、先輩から後輩への指導やご家庭からの有り難い差し入れを支えに、ここまでどうにかやり抜いてきました。それでも、中学2年生が高校生の先輩と同じようにやっていくには、強い目的意識がないとなかなかやりきれません。したがって、ボーイズに参加している生徒は、肉体的にも精神的にも強くなっている場合が多いです。
本番まで残すところわずか、今よりも少しでもクオリティを上げて、当日見に来てくださる観客の皆様にすばらしい演技を披露できるよう頑張りたいという高1の代表生徒(森)からの言葉がありました。
皆様の温かいまなざしと拍手が、2か月の青春をシンクロにかけたボーイズたちを強く励ますことに
なります。どうぞ、皆様よろしくお願いします!



  • キーワード検索