卓球 成城スクールライフ
2016年07月19日
卓球部:新宿区中学校卓球選手権大会
団体戦メンバー全員で

団体戦メンバー全員で

去る6月19日、新宿コズミックセンターにて、平成28年度新宿区中学校卓球選手権大会がありました。当日は梅雨空の下、熱気溢れる体育館で個人戦と団体戦が行われ、本校からは、中3と中2の生徒、計25人が出場しました。

 

個人戦では1名が3位に入賞し、都大会への出場が決定しました。一方、多くの3年生はこの大会で引退です。それぞれが自分の力を出し切り、およそ3年間の中学卓球部生活に区切りをつけ、来年からは高校生になります。中には名残惜しそうに悔しさを滲ませる生徒もいましたが、その気持ちをバネに高校でもがんばってくれることでしょう。2年生はいよいよ代替わり。中学卓球部の最上級学年になります。大勢入部してきた中1の世話や部活動の運営、練習メニューの設定など、やらなくてはならないことが盛りだくさんです。3年生の背中を見て学んできたことをもとに、責任を持って部活を支えていってくれることでしょう。

 

団体戦は、フルセット(3セット先取5セットマッチのルールで行う試合において、両者が互角で、5セット目まで試合が続くこと)。まで競り合う苦しい戦いもありましたが、果敢に攻めて一気に差をつけたり、セットカウント2-0から逆転したり・・・・・・。

学校の代表として、また、チームの一員として、ある者は目の前の対戦相手に全力でぶつかり、ある者は出場メンバーになれなかった寂しさと仲間への期待を声に託して力の限り応援し、それぞれが今の自分にできることを精一杯こなしていました。最初は恥ずかしくて声が出せなかった生徒も、拍手をしたり隣の子と息を合わせたり、いつの間にか出場しているメンバーと同じくらい、試合に熱中していました。そして、出場メンバーは、試合中に焦ったり諦めそうになったりした時、または相手に点を奪われて自信を失った時、台を見守る仲間の熱い声援に背中を押されて、再び「いつもの自分」を取り戻し、球を追いつづけました。

その結果・・・・・・。見事、優勝という栄誉を掴み取りました。出場メンバーだけではなく、応援していたメンバーがいたからこその結果です。どちらが欠けていても、決して手にすることのできなかったことでしょう。

団体のメンバーは都大会へ行きます。学校代表の誇りと部員全員の思いを背負って・・・・・・。都大会に、乞う、ご期待!

試合前の練習風景

渾身のサーブ

コースを狙って・・・

 


丁寧な送球

タイミングを見計らって・・・

サーブから強気で攻める

 


仲間をみんなで応援

仲間をみんなで応援

オーダー発表

オーダー発表

 


個人戦入賞

個人戦入賞

試合後のミーティング

試合後のミーティング

 


  • キーワード検索