成城スクールライフ
2016年09月10日
鉄道研究部:第5回 全国高校生地方鉄道交流会

3日目の企画部門の発表風景

鉄道研究部は8月24日~26日にかけて行われた「第5回 全国高校生地方鉄道交流会」に参加しました。
今回の「交流会」は石川県の能登半島,第三セクターとして営業をする「のと鉄道」が舞台でした。かつては営業キロが100kmを超える鉄道会社でしたが、現在はその規模を縮小して七尾~穴水の33.1kmの営業を行っています。

初日の午後に現地入りし、交流会の開会式の後にのと鉄道社長のご講演や車検庫の見学などを行いました。また、現地の穴水高等学校の生徒たちが、地元穴水の魅力を伝えてくれる交流もありました。
2日目は交流会の写真部門である写真撮影会を行いました。部員たちは「のと鉄道」沿線の様々な場所に繰り出し、能登地方と鉄道との表情を思い思いに写真に収めていました。
3日目の午前中には交流会の企画部門として参加各校が考える「のと鉄道」活性化案をプレゼンテーションし合い、午後には企画部門と写真部門について各賞の発表が行われました。
成城は鉄道研究部としては企画部門で「のと鉄道社長賞」を受賞、個人でも部員2名がそれぞれ写真部門で「のと鉄道社長賞」「アテンダント賞」を受賞しました。

なお、鉄道研究部はこの地方鉄道交流会に参加した後、名古屋へと移動して引き続き夏合宿を行いました。

車検庫を利用しての開会式

車検庫を利用しての開会式

のと鉄道社長による講演を拝聴

のと鉄道社長による講演を拝聴

立ち入り禁止エリアも特別に入れてもらえました

立ち入り禁止エリアも特別に入れてもらえました

 


車両を整備するピットの中に入る体験

車両を整備するピットの中に入る体験

地元、穴水高校の生徒から地元の魅力を教えてもらいました

全国に2両しか残存しない、郵便車がのと鉄道にはあります

全国に2両しか残存しない、郵便車がのと鉄道にはあります

 


3日目、国土交通省北陸信越運輸局鉄道部長の講演も聴くことができました

3日目、国土交通省北陸信越運輸局鉄道部長の講演も聴くことができました

報道メディアも多数取材に訪れました

報道メディアも多数取材に訪れました

最後の記念撮影

 


  • キーワード検索