成城スクールライフ
2017年01月21日
鉄道研究部:ヘッドマーク贈呈式報告
贈呈式後、のと鉄道の山下社長、東井主任とともに記念撮影

贈呈式後、のと鉄道の山下社長、東井主任とともに記念撮影

2016年8月24日~26日にわたって行われた「全国高校生地方鉄道交流会活性化案コンテスト」において、成城高校鉄道研究部が最優秀賞の「のと鉄道社長賞」を獲得した副賞として、ヘッドマークデザイン権を獲得しました。

2017年1月8日に、部員デザインを基とした半径約60cmのヘッドマークが出来上がり、石川県を走る「のと鉄道七尾線」の穴水駅構内にて贈呈式が催されました。この贈呈式には若松鴻太前部長(高校2年)、渡辺崇志部長、仙田拓己副部長(高校1年)と大溝貫之顧問が出席しました。

のと鉄道穴水駅構内検修庫にて自分たちでデザインしたヘッドマークを取り付けるため運ぶ3名

のと鉄道穴水駅構内検修庫にて自分たちでデザインしたヘッドマークを取り付けるため運ぶ3名

取り付け直前の記念撮影

取り付け直前の記念撮影

 


テレビ金沢・北陸朝日放送・NHKのインタビューに応える渡辺部長

テレビ金沢・北陸朝日放送・NHKのインタビューに応える渡辺部長

結束バンドでしっかり装着 成城鉄研のロゴが見える

結束バンドでしっかり装着 成城鉄研のロゴが見える

 


 

この贈呈式では、NHKをはじめとする放送局・北陸地方の各新聞社も取材に来てくださり、翌日の新聞にも写真入りで記事になるなど、方々から注目していただきました。

img118-001「全国高校生地方鉄道交流会」では写真部門の表彰もあり、優秀作品はのと鉄道の車内に掲出されています。この作品と共に、今回作成したヘッドマークの説明文を、次のような形で掲出させていただきました。

交流会・ヘッドマーク説明文(列車内掲示)

今回掲出しましたヘッドマークをつけて、この車両は実際に2017年3月19日まで営業運転をすることになっています。機会がございましたら、ぜひ直接ご覧ください。

 

以下、のと鉄道の写真集も作成されているプロカメラマンの湯浅啓氏が撮影した写真を許可を得て掲載いたします。

ヘッドマークが付けられたN213気動車(湯浅 啓氏撮影)2017.1.8

ヘッドマークが付けられたN213気動車
(湯浅 啓氏撮影)2017.1.8

観光列車[のと里山里海号]の4名を能登中島駅ホームより撮影
(湯浅 啓氏撮影)2017.1.8

のと鉄道 能登中島駅~西岸駅を走行するN213型気動車
(湯浅 啓氏撮影)2017.1.8

 

能登中島駅で並ぶヘッドマーク列車と花咲くいろはラッピング列車
(湯浅 啓氏撮影)2017.1.8

 

  • キーワード検索