成城スクールライフ
2017年12月12日
秋の駅伝大会

DSC_0566
今秋、成城学校陸上部は例年同様、高校生が東京都高校駅伝に、中学生が新宿区民駅伝と東京都中学駅伝の2つの駅伝大会に参加しました。いずれも荒川河川敷、荒川戸田橋競技場あるいはその近辺をスタート・中継点とする形で行われました。

新宿区民駅伝にはA~Eの5チームを出場させましたが、順位を狙うAチームについては1区・西川祐史、2区・立川小次郎、3区・神谷康平、4区・土肥隼也、5区・渡辺康平、6区・小林泰地という布陣で臨みました。

1区の西川が頑張って3位で帰ってきて、あとの5人がその順位を死守するという展開となりました。2区立川がつなぎ、3区の神谷が区間賞の快走を見せ、大抜擢の中2土肥、中1渡辺が4区、5区で順位を守り、アンカーの小林が50m以上あった差を縮め優勝争いに加わり、結果、強豪校を破っての3位入賞を果たすことができました。中長距離ブロックの中学生にとってはとても良い日となりました。

DSC_0610

レース風景。最高のコンディション

 

3位の表彰(中央白と黒のジャージ。左が小林、右が西川)

 

DSC_0598

区間賞の表彰を受ける神谷

 

 

全国中学生駅伝の予選会である東京都中学駅伝には、4区に3年生の佐藤栄生が入ったメンバーで臨みました。さすがにレベルが高く苦戦しましたが、終わってみると新宿区民大会時をちょうど1分上回る1時間4分8秒でのフィニッシュでした。順位は144校中43位ではありましたが、区内のライバル校に勝ち、自信を付けたようです。各自が新たな目標を見出すよい機会となったと思います。

走順で整列。 左から1区。

走順で整列。
左から1区。

 

東京都高校駅伝には、

1区(10km)須藤 祥樹(高2)

2区(3km)松本 拓将(高1)

3区(8.1075km)谷本 恵佑(高1)

4区(8.0875km)鈴木 海仁(高1)

5区(3km)青鹿 佑哉(高2)

6区(5km)中村 冠登(高1)

7区(5km)伊藤 航一(高1)

というメンバーで挑みました。

1区の須藤祥樹が10kmを34分36秒の好タイムで37位に入る快走を見せました。そのあとは順位を下げてしまいましたが、短距離から選手を借りてなんとか7人をそろえた状態の中、皆持てる力を発揮して、たすきをつなぐことができました。来シーズンに向けて、なんとかたすきをつなげたというところです。

今シーズンにはまだ3kmや10kmのロードレースが残っています。個人の記録アップが期待されます。

 

DSC_0574

左から1区~7区の選手と、3名の補員

 

DSC_0578

サポートに回った短距離選手たちと

 

 

 

 

  • キーワード検索