成城スクールライフ
2018年07月21日
台湾 中学校長教育訪問団来校
訪問団と本校教員にて

訪問団と本校教員にて

 

7月6日(金)午前中、台湾・台南市立民徳国民中学元校長 蔡美燕先生を団長とする教育訪問団11名のみなさまが来校されました。

これは蔡先生在職中の昨年度、民徳中学のプロジェクトチームが全台湾表彰を受け、賞金を活用して組まれた訪問団です。蔡先生ご自身、台湾の教員に与えられる最高賞の受賞者とのこと。

 

団長の蔡美燕先生

団長の蔡美燕先生

 

訪問団には、蔡先生のほか、ご主人で元市立帰仁中学校長の鄭淵仁先生、蔡先生の下で辣腕を振るい現在市立新市中学校長の薛英斌先生、民徳中学教務主任で保健体育科の教員としても全台湾的に有名な許智翔先生、民徳中PTA会長杜瓊瑤氏などの方々が参加しておられました。

 

記念に陶器のレリーフをいただきました

記念に陶器のレリーフをいただきました

 

このたびは、「東京の有力な中等学校を訪問したい」とのことで、ご縁あって本校訪問が実現しました。

訪問団は、コーディネーターの日本台湾教育センター郭所長とともにご来校、キャンパスツアーののち、栗原校長、及川教諭(グローバル委員)、今夏台湾研修引率の松田教諭、和田教諭と懇談しました。

台湾研修の前半は、〝台湾の京大〟台南市の成功大学を拠点にプログラムを実施します。「台南滞在時には、ぜひ訪問して欲しい」と、新市中学の薛先生はじめみなさまから熱烈にご招待いただきました。

 

生徒の作品集を寄贈くださる薛先生

生徒の作品集を寄贈くださる薛先生

 

再会と今後の交流を約して、訪問団との貴重な交流会は終了しました。

  • キーワード検索