クラブ活動
2018年08月09日
鉄道研究部:第10回全国高等学校鉄道模型コンテスト

鉄道研究部は、2018年8月4日~5日に、東京都江東区の東京ビッグサイトで行われた全国高等学校鉄道模型コンテストに参加しました。モジュール部門に出展し、ベストクオリティ賞を受賞しました。

生徒たちの『まだ世の中に存在していないもの、それでいて、誰もが「あー、もう出来ている!」と驚いてもらえるものを作ってみたい』という視点で制作したのが、千駄ヶ谷に建設中の新国立競技場です。
image002

image004
モジュール部門では規定寸法でジオラマを制作することが必要になるのですが、今回成城が担当したのは規定寸法が60センチ×60センチのもの。新国立競技場の設計図を何とか取り寄せたものの、Nゲージ鉄道ジオラマで用いられる1/ 150スケールではとても収まりきらないので、ジオラマを上下の二段構造にし、上段は設計図をもとに完成した新国立競技場の全体像を予測しながら1 /400 スケールで、下段は地下鉄大江戸線国立競技場前駅の2020年8月の姿を1/ 150スケールで、それぞれ作成しました。

当日は、予想を大きく上回り多くの人が作品に関心を寄せてくださり、ありがとうございました。ブースで作品の説明をしていた部員たちも大忙しの中、大変な充実感を得ることができました。

このジオラマは9月15日(土)・16日(日)に行われる成城祭(文化祭)でも、一部手直しを加えたうえで展示する予定です。どうぞお越しください。

  • キーワード検索