校長室便り
2015年09月26日
オーストラリア通信②

スポーツセンターの宿泊棟で一泊して翌日もメニューが続きました。昼食後、今度はサンシャインコーストにある二つのホスト校にそれぞれバスで向かいました。下校時刻に合わせて学校に到着するといずれの学校もホストファミリーが待ち受けていました。対面後、生徒たちはスーツケースを車に積んでもらい、各自の家庭に入りました。初めての晩、家庭でのウェルカムディナーは緊張したでしょうね。

1.チャンセラー・ステイト・カレッジ(Chancellor State College)

チャンセラー・ステイト・カレッジは、州立の小中高一貫校で、朝と晩に野生のカンガルーがやってくる広大な施設の学校です。初日、登校してキャンパスツアーをしていると早速3匹のカンガルーがいるのに気が付きました。

 

2.学校でのウェルカムセレモニー

チャンセラー・ステイト・カレッジでは、校長先生からスクールグッズの入ったバックをもらい、全員が自分のスクールバディーと一緒に記念撮影をしました。

続いて、モーニングティー。スクールバディーと成城生が顔合をしながら楽しいひと時を過ごしています。

モーニングティーのあとは、いよいよ授業が始まりました。

 

3.TRI訪問

翌日は、チャンセラー(Chancellor)の生徒は、ブリスベンにある TRI(Translational Research Institute) と呼ばれている臨床医学研究所を訪問しました。ここは、クィンズランド大学やグリフィス大学の医学部、病院、創薬の企業などの研究者が世界中から集まっている、産学連携による臨床医学研究所です。

今回私たちはここにある実験室で、遺伝子の組み換えに関する実験の一部を体験させていただきました。専門性が高い内容のため、本校生物科の菅原先生にお願いして夏休みに本校で事前研修を実施して参加しました。

マイクロピペットは本校にないため、初めての扱いでしたが、みんな話をよく聞いてしかりと実験に参加できていました。

マイクロピペットは本校にないため、初めての扱いでしたが、みんな話をよく聞いてしっかりと実験に参加できていました。

image0092

 


※カワナウォーター・ステイト・カレッジ(Kawana Water State College) の生徒たちは翌日TRIで研修しました。

 

生徒達は、週末はそれぞれのホストファミリーと過ごすことになっていて、動物園に行ったり、家族の買い物について行ったり、ビーチで遊んだりと、様々過ごし方をしたようでした。

4.クィンズランド大学訪問

週明けの月曜日に、二校合同で、世界大学ランキングTop50にランクインしている名門クィンズランド州立大学(UQ)を訪問しました。

20150928_p6

バスを降りてから現地の大学生の案内で、キャンパスツァーをしました。キャンパスは、とにかく広くて美しく、芝生で議論しているUQの学生たちの姿から、大学の自由で真剣な雰囲気を感じ取りました。

20150928_p7

ツァーの後は、講義棟に入って、成城生5人に一人ずつUQ生が入ってグループを作り、UQ生たちが考えたテーマでグループディスカッションをしながら交流しました。

   

 


最後は、UQのトッド・アレン教授から、現在研究中の内容に触れて講義をしていただきました。テーマは「多文化と多様性」。

20150928_p11

講義が終わると質疑応答。講義内容に沿ったディスカッションが続き、想像以上のやり取りが展開されました。

20150928_p12

 

あっという間に時間が来てしまい、生徒たちは講義棟を出てからもキャンパス内で私と議論を続けたほど、白熱していました。今回のテーマが生徒たちの関心と合っていたのと、自由に議論ができるキャンパスの雰囲気に乗せられたのかもしれません。成城生が大人に見えました。

 

平成27年9月26日

学校法人成城学校
成城中学高等学校
校長 栗原卯田子

  • キーワード検索