学校行事
2016年10月11日
中1:臨海学校(3)

010

この夏も、7月17日(日)~20日(水)にかけて千葉県の岩井海岸において臨海学校が実施されました。

臨海学校は、中1の生徒にとって5月の春季校外課業に続く宿泊行事であり、また本校教員と高2補助員が合わせて100名以上も同行する、本校最大規模の伝統行事です。大正14(1925)年に開設以来90年を超え、1件の事故もなく受け継がれてきました。

本日は、臨海学校のクライマックス、遠泳から戻る上級班を出迎えるシーンを中心にご紹介します。修泳最終日、上級班は長い遠泳に備えて午後の修泳に早めに出発します。上級班の中学1年生は、互いに励まし合いながら、船で伴走する教員や一緒に泳ぐ補助員らに見守られながら、また、地元漁船の協力も得ながら、1時間以上にわたって海を泳ぎ続けます。その先には、感動のゴールが待っています。

P7191309

遠泳直前、宿舎を緊張の面持ちで出発します

P7191312

普段の修泳よりも南側の出発地点まで徒歩で移動

015

上陸地点には、上級以外の全員が集結します


011

白黒帽子の補助員に守られて、堂々の凱旋です

013

最後まで隊列を崩しません

014

大きな拍手と声援で…


012

時には校歌の大合唱で迎えられます

P7191391

最後のミーティングでは、講評とともに、「これからもしっかりとした学校生活を送り、4年後に補助員として戻ってこい」と激励されます

017

今年も補助員は最後まで献身的にその責務を全うしてくれました


 


  • キーワード検索