学校行事
2019年04月06日
平成31年度 中学入学式

P1000844

本日、平成31年4月6日(土)午前10時より、厳かな雰囲気の中で「平成」最後となる中学入学式が挙行されました。今年度の新入生は276名、真新しい制服に身を包み、少し緊張した面持ちで成城生活の第一歩を踏み出しました。

栗原校長の式辞では、伝統ある本校の歴史について触れ、その後は「授業を大事にする」「人としての感性を磨く」「海外に関心を持つ」の三点について、今春受験に成功した運動部の生徒たちの話やAIの発達、グローバル化する世の中の流れを例えとしながら、新入生たちに語りました。その後続いた理事長代理および師親会会長からの祝辞においても、新入生たちは真剣に耳を傾けていました。

入学式の前後では、本校正門前に掲出された入学式の看板や校名、校章である「三光星」に加え、満開を迎えた桜を背景にした家族での記念撮影に、長蛇の列ができていました。また、入学式後には、発表になった各クラスの集合写真を担任や校長とともに撮ったのち、本日は解散となりました。新入生は月曜日にも登校し、ガイダンスなどを受けることになっており、いよいよ学校生活が本格化していくことになります。

今日から始まった成城での6年間、中学1年生諸君には様々な体験を通じて、「三光星」があらわしている「知・仁・勇」を身につけ、社会へと羽ばたいてもらいます。今日の厳粛な気持ちをいつまでも忘れず、大切にし続けて有為な学校生活を送ってください。

 

 

P1000846

 

  • キーワード検索