学校行事
2019年08月17日
中1:臨海学校(1)

DSCN0391

この夏も、7月17日(水)~20日(土)に千葉県の岩井海岸において臨海学校が実施されました。

臨海学校は、中1の生徒にとって5月の春季校外課業に続く宿泊行事です。また本校教員と高2補助員が合わせて100名以上も同行する、本校最大規模の伝統行事でもあります。大正14(1925)年に開設以来90年を超え、1件の事故もなく受け継がれてきました。

本日は、初級の修泳の様子をご紹介します。修泳は、午前と午後に約2時間ずつ行われます。中1の生徒は水泳の技量によって上級、中級、初級に分かれ、それぞれ白・黄・赤の帽子を被ります。さらに、中級は5つ、初級は9つの細かな班に分けられます。どの班にも2~4人の教員と3~6人の補助員がつき、レベルに合わせて海での泳ぎを学びます。

 

DSCN0415

補助員の自己紹介

DSCN0418

準備運動は入念に

DSCN0420

DSCN0423

伝統のバディシステムの練習

DSCN0424

ヒューマンチェーンを組んで海に入ります

DSCN0426

水をかけ合います

DSCN0443

上級中級のように、隊列を組む練習もします

DSCN0532

ビート板を使って脚の動きを確認

DSCN0535

補助員の先輩と一緒に浜で遊ぶこともあります

 

  • キーワード検索