成城スクールライフ
2016年01月21日
中3:卒業研究提出

年も明けて早3週間が経とうとしています。中学3年生は、3月に卒業を控え、残り少ない中学校生活を日々楽しんでいます。

1学期の中頃から、中学3年生は中学校生活の総まとめということで「卒業研究」という課題に取り組んでいます。卒業研究とは、中学校3年間で自分が興味を持ったものや好きなことについて、研究するものです。参考文献を読んだり実験をしてみたりしたものを論文にまとめる生徒もいれば、自分の得意なことや分野で3年間の集大成にふさわしい傑作品を生み出す生徒もいます。

例えば、歴史や言語について研究したり、心理学や統計についてまとめたり、小説を書いたり、油絵を描いたり、金属を溶接して椅子を作ったり、様々な材料を組み合わせてミニチュアの再現模型を作ったり、各自が各自のできる最大限の力を注いで、教科や科目の垣根を超えて好きなことを思い切り極めます。

そうして、自分や他者が一生懸命に何かに打ち込んだりその姿を見たりして、新しい自分に気付いたり、お互いにいい刺激を受けて新しい見地を開いたりします。

今月はいよいよその提出の月です。次々に提出された作品で職員室の机の上がだんだん賑やかになってきました。全員分の卒業研究の提出はもう間近、卒業も2ヶ月後に迫っています。

 

 


  • キーワード検索