成城スクールライフ
2016年11月22日
卓球部:新宿区総合体育大会兼新人大会

10月考査真っ最中の10月23日、新宿コズミックセンターで平成28年度新宿区総合体育大会兼新人大会が行われました。本校は中2から16名、中1から20名、計36名が参加し、団体戦と個人戦(学年別シングルス)に出場しました。

午前中はトーナメント形式のシングルス戦。中1の部は116名、中2の部は84名の参加でした。本校は中1の部ではベスト8進出が最高でしたが、中2では決勝で成城同士となり、優勝、準優勝、第3位を獲得しました。

 

午後はトーナメント形式の団体戦。本校は夏季大会で優勝しましたので第1シードでした。

最初の対戦は、1回戦を勝ち上がってきた海城中学校。

シングルスの4試合が先に終わり、2対2になりましたが、やや長引いたダブルスの試合に勝利し、何とか準決勝に駒を進めました。これでようやく調子が出てきたのか、準決勝の相手は四谷中学校でしたが、4-1で勝利し危なげなく決勝に進みました。

 

決勝の相手である早稲田中学校は、昨年度、本校が初戦で敗れた相手であると同時に、優勝校です。

 

決勝戦はダブルスを含めた4試合が先に終わり2-2となり、シングルスの1試合が残りました。このシングルスがセットカウント2-2となり、勝敗の行方は最終第5セットへもつれこみましたが、5セット目の序盤からリードを奪うことができ、そのままなんとか逃げ切ってこのシングルスに勝利し3-2で団体戦優勝を果たしました。

 

決勝戦のこの最後のシングルスでは、両校の選手たちは1点取るごとにお互いに大きな声で応援しあい、観客席からも保護者の方の応援があり、とても盛り上がりました。大きな体育館の真ん中で最後の1台となった試合でしたから、選手たちはお互いに緊張したのではないかと思いますが、両者とも立派な態度で試合を終え、互いに健闘を称えあいました。

 

考査の真っ最中の大会であったにもかかわらず、勉強時間を削って放課後に練習してきた生徒たち。優勝をつかむことで、努力が実った形となり、新宿区では春・夏・秋と3連覇を果たすことができました。この優勝で来年1月28日に行われる都大会(区部大会)に出場が決まりました。

これから2か月以上の間、さらに練習を積み重ね、新宿区の代表として頑張ってきますので、これからも応援よろしくお願いします。

KIMG0440

シングルス  優勝:堀部太陽、準優勝:谷優也、第3位:鈴木義也

  • キーワード検索