成城スクールライフ
2018年11月06日
中3:新しい元号を考えよう
はたして新元号はいかに?

はたして新元号はいかに?

 

中学3年国語表現(担当及川、週1単位)では、2学期最初の3時間を使い、「新しい元号を考えよう」の活動に取り組みました。これは、来年新しい元号が制定されることを踏まえ、漢字や日本の歴史に関する学習の一環として実施したものです。

 

授業の展開は以下の通りです。

 

◆第1時  日本で過去に使用された元号の一覧を配布し、以下の作業を行う。

① 知っている元号をあげる。

② よいと感じる元号をあげる。(音の響き、文字の視覚的なもの、イメージなど)

③ 「明治」「大正」「昭和」「平成」から感じ取れるイメージをそれぞれ指摘する。

 

◆第2時  前時での元号に対する理解の深化、イメージの喚起を踏まえ、以下の作業を行う。

① 過去の元号に複数回用いられている漢字を指摘する。

② ポジティブなイメージを持つと思う漢字を自由にあげる。

③ 自ら元号を考案し、どのようなメッセージをこめたものか説明を記述する。

 

◆第3時  発表会

それぞれ、自分が考案した元号の読み方と、どのようなメッセージをこめたものかを説明する。

唸ったり笑ったり、発表会は大盛り上がり

唸ったり笑ったり、発表会は大盛り上がり

 

 

興味深いことに、〝元号にふさわしい〟として、いくつかの漢字に集中する傾向が見られました。特に多かったものは以下の通りです。数字は、上下いずれかの文字に用いられた延べ数です。

 

安  62

永  51

明  50

和  43

平  29

治  18

正  15

光  15

天  14

長  11

創  10

成  10

 

「明」「和」「平」「治」「正」「成」など、近代以降の元号に用いられた漢字には、やはり、元号らしさ、馴染み深さからくるしっくりした感じ、などを覚えていることがうかがわれます。それ以外には、安心、安定、安全など〝やすらかさ〟のニュアンスを含み持つ「安」、一定の状態の持続を含意する「永」「長」、人間の営みの大局的、包括的な視点からの把握に〝明るさ〟を添えた観のある「光」「天」、ポジティブ、クリエイティブな印象を伴う「創」などが上位を占めました。

「永」「安」ともに〝人気〟の漢字

「永」「安」ともに〝人気〟の漢字

 

力強く〝つくりだす〟イメージ

力強く〝つくりだす〟イメージ

 

これは和風。「さくえい」と読むそうです

これは和風。「さくえい」と読むそうです

 

新しい元号の公表は来年2月以降とされています。今回の学習活動が、元号への関心を高めるとともに、ひと味違った形で、漢字への理解を深める機会となることを期待しています。

 

  • キーワード検索