成城スクールライフ
2019年09月30日
第62回東京私立中学高等学校陸上競技選手権大会
中学男子共通400m決勝スタート

中学男子共通400m決勝スタート

 

令和元年 8月21日(水)・22日(木)・23日(金)の3日間、第62回東京私立中学高等学校陸上競技選手権大会が駒沢オリンピック公園陸上競技場において盛大に開催されました。本大会は東京都の私立中学、高校から約3,000名のアスリートが集まる夏の一大イベントです。

高校の部ではこの夏のインターハイで入賞した選手やチームを中心にハイレベルな競技が繰り広げられました。中学の部では私立であるため主力選手が中3となり、こちらも連日熱戦が展開されました。

成城からも多くの選手が出場しましたが、その中でも中学の活躍が目立ちました。中学男子共通400m決勝において浅岡雅人君(中3)が第3位に入賞、同じく伊藤慎一郎君(中3)も第7位に入賞しました。浅岡君は200m決勝においても第7位に入賞しました。

中学男子共通4×100mリレー決勝では、第1走者伊藤慎一郎君(中3)・第2走者浅岡雅人君(中3)・第3走者佐藤正琢君(中2)・大道壮唯君(中2)の2年生2名を起用したオーダーで臨み、見事6位入賞を果たしました。また、入賞こそ逃しましたが男子共通800mの篠田有真君(中2)と1500mに出場した萩田雄介君(中2)が3年生相手に健闘をみせてくれました。中学生のこれからの活躍に期待します。

終わりに、炎天下の中、3日間にわたり本大会開催に尽力された180名もの競技役員各位、そして100名を超す補助員として大会を支えてくれた中高生諸君に心から感謝と敬意を表します。

 

 

 

  • キーワード検索