災害時等の対応

災害時などの対応について

気象に関する緊急時の対応について

1.   判断基準
 
  本校を含む東京23区西部に大雨・大雪・暴風・暴風雪の警報及びはん濫危険情報(洪水警報)のいずれかが発令されている場合は「待機」を原則とする。
 
①   午前6時の時点で上記警報のいずれかが発令されている場合は、自宅待機。
②   午前9時までに上記警報の全てが解除された場合は、改めて指示。
③   午前9時の時点で上記警報のいずれかが発令されている場合は、臨時休校。
 
※  ①の連絡は、午前6時~午前6時30分にフェアキャスト、ホームページで周知します。
※  ②の連絡は、午前9時30分までにフェアキャスト、ホームページで周知します。
※  ③の連絡は、午前9時~午前9時30分にフェアキャスト、ホームページで周知します。
 
 
2. その他のお願い
 
 気象状況や災害の状況は地域により様々です。その状況によってはこの判断基準にとらわれることなくご子息の安全を最優先にして、各ご家庭でご判断下さいますようお願いします。なお、欠席の場合は学校にご連絡ください。
 
  (欠席させる場合の例)
     ・自宅地域に上記警報が発令されているとき
     ・交通機関が運転見合わせなどで登校が困難なとき
     ・登校が危険であると保護者が判断したとき

登下校時の緊急避難校ネットワーク

登下校中に大きな地震が起きて、電車やバスが止まり、学校や自宅にたどり着けなくなって
しまった生徒は、近くにある東京・神奈川の私立小学校・私立中学校・私立高等学校に避難
することができます。
① 東京・神奈川の私立小学校・私立中学校・私立高等学校に避難すれば、原則として、その所在と安否を在籍校に連絡してもらえます。(避難先の学校から保護者に直接連絡がいくわけではありません。)

② 家から学校までの通学路(通る駅)周辺にある私立小学校・私立中学校・私立高等学校を事前に調べ、その所在地を確認しておいてください。
※Googleマップ等を活用して調べ、プリントアウトした地図や情報を常に持ち歩く、などが有効です。東京私立中学高等学校協会公式HP「東京私学ドットコム」(http://www.tokyoshigaku.com/)のトップページにある学校検索機能では、男女別・沿線などを選択して学校を調べることもできます。

③ 男子は男子校もしくは共学校に、女子は女子校もしくは共学校に、避難するようにしてください。
なお、避難先の学校の状況によっては受け入れてもらえない場合もあります。家から学校までの各駅で、複数の学校を候補として考えておいてください。

④ ただし、駅構内や公共施設内にいた場合は、急いで私立学校を目指すのではなく、まずはその施設のアナウンスに従ってください。