6年間の教育課程

6年間の教育課程

リーダー教育の伝統と創造

確かな学力・知識、思いやりの心、たくましい体力、強い精神力、コミュニケーション力など、基礎・基本をきちんと身に付けさせ、生徒の希望する進路実現を目指します。「校訓」や「学習十五則」に継承される「自学自習」など、堅実な校風を継承する伝統男子教育を軸にして、2013年度からは「グローバル時代に求められる逞しく生きる力」を育成するための「成城版グローバル教育」を推進しています。

グローバル時代のリーダー育成へ●エンパワーメントプログラム

6年間の学び

中学
1年・2年
中学校進学後の学習は、「教わる」姿勢から「みずから学ぶ」姿勢に転換しなくてはなりません。
日常的に宿題や小テストを課して自宅学習を促し、みずから机に向かい、悩み、考え、調べて、解決する、自学自習の確立を目指します。
成果の上がりにくい生徒に対しては、日常的な補習に加え、学期末の指名制補習も行います。
基礎学力
養成期
中学3年
高校1年
6年一貫教育において中だるみしやすいこの時期に、将来の目標をイメージさせることで、学習意欲の向上を図ります。職業や大学に関する研究を行うとともに、全国模試や適職・適性検査を実施し、自分の学力や適性を客観的に認識させて上で、文理コース選択を行います。
高校1年次からは進学講習も始まります。
進路
決定期
高校
2年・3年
難関大学合格を目指して本格的に受験体制に入ります。長期休暇では進学講習として、分野を絞った多数の講座が開設され、大学受験に的を絞った実践的な演習に取り組むとともに、2年間で7回の全国模試を受験します。
またオープンキャンパスに参加したり卒業生の体験談を聞いたりして、志望大学・学部・学科を選択します。
実力
完成期