高等学校カリキュラム

高等学校カリキュラム

高等学校の教科教育

本校生徒のほとんどは、大学進学を志望しています。そのため、進路別クラス編制となり、高校2年次は文理2コース、高校3年次は国公立文系・私立文系・国公立理系・私立理系の4コースに分かれます。

高等学校の教科教育

高校1年次のクラス編成

高校1年次には、音楽・美術の選択に基づいてクラス分けを行います。中入生・高入生の混合クラスでは、既習内容に違いがある国語・数学の一部の科目のみ、別授業を行っています。高入生は、行事や、部活動・生徒会活動を通して、中入生と打ち解けています。

高校2年次の文理コース選択制

高校2年次から、高入生と中入生の区別なく、生徒の志望に基づき、文系と理系に分かれます。これは早くから将来を考えさせ、大学受験を意識させることで学習意欲の向上を促すためです。
文理コース選択について詳しくはこちらから→

高校3年次の4コース選択制

多くの私立大学の受験教科が3教科であるのに対して、主な難関国公立大学は最大6教科7科目となっています。そこで、高校3年次では、文理をそれぞれ私立型と国公立型に分ける4コース制を採用し、「希望する進路実現」を目指しています。私立コースでは、多様な自由選択科目を設置しているので、個々の目標や課題に応じて履修できます。

進学講習

高校では、2~3週間の「夏期進学講習」を、1学期終了直後に実施しています。また、1週間の「冬期進学講習」を2学期終業式直前に実施しています。いずれも希望者を対象に、最近の大学入試問題の演習・解説を中心として、短期集中で実力の養成を図っています。

高校1年次の講習は、網羅的に講座設定されているため、志望校を絞り込めていない生徒でも受講しやすくなっています。高校2年次の講習は、講座設定を細分化することによって、単元別あるいは習熟度別に選択できるよう配慮されています。高校3年次の講習は、大学受験に直結した講座を中心に設定しており、大学進学実績に効果を上げています。1講座は110分授業を3日間ないし6日間行います。教材費などの実費を除き、講習費は無償でおこなっております。

中高一貫校の特長を生かして、一部の講座は他学年の生徒でも受講できます。

高校3年間の主要教科総授業時数

高校3年間の主要教科総授業時数

高等学校教育課程